運転免許一発試験(飛び込み試験)の仮免許学科試験は難しくない

運転免許試験場の様子

この記事では、運転免許一発試験(飛び込み試験)の最初の試験である仮免許学科試験について解説します。

教習所では全員で同じ勉強をして同じ試験を受けるので、不安は少ないと思います。

しかし運転免許試験場で仮免許学科試験を受ける方はごくわずかです。

難易度当日の流れなどが気になる方もいらっしゃると思い、仮免許学科試験についてご紹介することにしました。

 

運転経験ゼロの初心者でも、一発試験で免許を取得することは十分可能です!

一発試験について、体験談を交えて詳しくまとめたのがこちらの記事になります。

まだご覧になっていない方はぜひ。

仮免許学科試験は最初の試験

免許一発試験の流れ

「一発」試験と言うものの、免許取得までに必要な試験は4回あります。

しかも、たいていの方は技能試験を何度か受験することになるので、運転免許試験場に足しげく通うことになるでしょう。

 

仮免許学科試験は、その中でも一番最初に受験する試験です。

自動車教習所だと修了検定(仮免許技能試験)が先なので、順序が逆になっています。

 

正誤を問う問題が50問出題され、そのうち45問(90%)以上正解できれば合格です。

試験はマークシート式です。

 

運転の技能は問われないので、技能試験の練習をしていなくても受験できます。私はハンドルを一度も握ったことがないまま合格しました(笑)

ただし、試験場や曜日によっては、午前に仮免許学科試験を受けて合格できた場合、その日の午後に仮免許技能試験を受験できる場合もあります。

どうせ1日休みを取るなら有効活用したい!という方にはオススメですが、1日に2つの試験を受ける精神的な負担は大きいです。

仮免許技能試験のコース

 

仮免許学科試験の持ち物

2020年11月現在の情報です。
受験前には、必ず各都道府県警察の運転免許試験のページをご確認ください。

  • 筆記用具
  • 住民票
  • 本人確認書類(パスポートや学生証など)
  • 写真2枚(3cm×2.4cm)
  • 印鑑

 

 

仮免許学科試験の難易度と対策

一発試験であろうと、仮免許学科試験の難易度は低い

学科試験の勉強

一発試験で厳しいのは技能試験だけです。

本免許を含め2回ある学科試験は、しっかりと勉強すれば簡単に合格できると思います。

そもそも本免許の学科試験は自動車教習所を卒業した人と全く同じ試験ですし、仮免許学科試験はそれよりも簡単です。

 

市販の問題集では、かなり細かい知識を問われるひっかけ問題もあります。

しかし本番の仮免許学科試験では難しい問題はほぼ無く勉強しなくても知っている方の多い知識だな、という印象を受けました。

 

受験料と時間を無駄にはできませんから、ある程度は勉強した方がよいのは間違いないですが、それほど気を張らなくても大丈夫だと思います。

 

市販の解説書と問題集で対策すれば合格できる

勉強に使う解説書や問題集は正直なんでもOKです。

どの本でも重要なポイントは同じですし、覚えるべきことに大きな差はありません。

私はAmazonで安い解説書と問題集をポチッと購入しました。

 

学科の勉強を強制されることなく、自分で好きなようにできるのが一発試験の素晴らしい所ですね。

私は試験の3日前から勉強を開始して、短時間で詰め込みました。

寝る前にやると記憶が定着しやすいのでオススメです。

睡眠で記憶を定着させる

 

市販の問題集は本免許学科試験用のものが多いです。教習所に通う方は仮免許学科試験を教習所内で受験するので、仮免許学科試験用に対応する問題セットを作っても売れないのでしょうね。

そのため問題集は95問で100点満点になっており、仮免許学科試験では出題されない危険予測イラスト問題も含まれています。

引っかけの多い問題集で90%の得点を安定して取れていれば合格は確実でしょう。

本番の学科試験は市販の問題集よりも簡単だったので、問題集で90%を取れなくても不安になる必要は無いと思います。

 

仮免許学科試験の当日の流れ

運転免許試験場の様子

朝早くから、学科試験の窓口には大行列ができています。

その多くは自動車教習所を卒業して本免許学科試験を受ける人なので、何も考えず同じ所に並んではいけません

何をすればよいかわからなくなったら、試験場の方に遠慮せずに聞くとよいです。

 

受験票などを窓口で受け取り、必要事項を記入します。

書類の審査を受けて受験費用2,900円を支払ったら、試験開始時刻まで待ちます。

 

アナウンスがあったら試験室に入室します。

ちなみに私の受験番号は1番で、試験室の一番左前が座席でした。仮免許の受験番号は本免許のものよりも先になるからでしょう。

仮免許の学科試験を受ける人が自分以外にいなかったため、一人だけ少し離れた場所に座ることに。

問題用紙の配布時に「仮免許試験の受験者は挙手してください」と言われて手を挙げた時、一気に視線が集まるのを感じました(笑)

試験の様子

 

 

試験終了後、モニターに合格者の受験番号が表示されます。

モニターに合格者の受験番号が表示される

最初は自分の受験番号が見つからず焦りましたが、画面が切り替わって仮免許の合格者一覧に001番を見つけた時はほっとしました。

受験票は合格の証明になるので紛失しないように注意してください。

 

私が受験したのは午後に仮免許技能試験を受験できる日だったのですが、ハンドルを握ったこともなかった私は当然受けませんでした。

学科試験に合格した人は技能試験の簡単な説明を受けます。道路交通法に従った安全かつ円滑な運転が大事だ、と何度も念を押されました。

 

以上、運転免許一発試験・仮免許学科試験の体験記でした!